転職成功ガイド【企業側面接官と転職エージェントに聞きました】

転職成功ガイド【企業側面接官と転職エージェントに聞いてきました】

転職成功ガイド【企業側面接官と転職エージェントに聞いてきました】

転職エージェントが多すぎて、どれを選ぼうか悩んでいるアナタへ

このサイトでは、
元転職エージェントの方に転職エージェントの選び方を聞いてきたのでまとめます。
やはりプロ目線は違います。
裏話的な話もあり、ナルホド〜となりました。

更に、
私のダンナは、とある大手電機メーカーの技術系管理職で、人事採用面談も何度か経験しています。
  • 配属先の管理職がどんな人を希望しているのか
  • ダンナの会社に再就職した人のコメント
  • 「人事部長がボソッと漏らしていた話」
等も聞いたので、そんなことにも触れながら記事を書こうと思います。

  • 転職を検討中の方
  • 転職エージェントが多すぎて、どれを選べば良いか分からない方
  • 転職をよく分かっている人に色々アドバイスが欲しい方
には是非参考にしてほしいな、と思います。


転職エージェントと転職サイトの違い

  • そもそも転職エージェントって何?
  • 転職サイトと一緒?

結構、分かっているようで分かっていない。同じだと思っている人も多いようですが、まずはここから。

転職サイト

転職サイト

転職サイトは、求人を出している企業がサイト内で紹介されていて、
その中から
  • 自分で希望企業を探す
  • 自分で応募・面接等の手続きをする
ということになります。
自力でできる人には良いですが、在職中に転職活動する方には結構大変で、なかなか時間がとれずにズルズルと遅れていく傾向があります。
ダンナの会社に再就職した人達は、口を揃えて転職エージェントの担当者(キャリアコンサルタント)にグイグイ引っ張ってもらったお陰で再就職できた、と言っているようです。

やっぱり在職中に転職活動を独力で進めるのは結構大変みたいです。

という訳で、私は転職サイトではなく、転職エージェントをおすすめします。


転職エージェント

転職エージェント

転職サイトは何でも自分で進めなければならないのに対し、
転職エージェントは、
「転職しようとしている人の希望や、それまでの職歴等を確認して、アドバイスを交えつつ求人情報からおすすめできる転職先を紹介し、企業側と面接の橋渡しをしてくれる会社」
です。

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • JAC
  • type転職エージェント
  • パソナキャリア
等があります。

転職支援のプロがマンツーマンでアドバイスをしてくれます。
希望する職種・企業・年収・ポジション等も踏まえて、
最適な求人情報を紹介してくれます。

更に、
  • 印象をよくする書類の書き方
  • 面接のアドバイス
  • ヒアリングで、自分では気づかなかったあなたの強みや特長を見出してくれる

こんなにしてくれるのに、無料で利用できます。

「そんなにしてくれて無料?」
怪しいと思うかもしれませんが、
転職エージェントは、企業に優良人材を紹介して転職が成立したら「企業から報酬をもらう」ビジネスモデルなので、ちゃんと成り立っているのです。

ちなみに、転職が成立したときの企業が転職エージェントに払う報酬は、その人の年防の30%〜35%位ということです。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリットを箇条書きします。
  • 一般には出ていない優良企業の求人情報を持っている
  • 転職エージェント経由で転職活動すると内定の可能性が高くなる
  • 面接日程の調整を代行してもらえる
  • 採用時の雇用条件の交渉を代行してもらえる
  • 転職活動で知っておくべきことのアドバイスを得られる


企業側採用面接者コメント、元転職エージェントの裏話

企業側採用面接者コメント、元転職エージェントの裏話

企業側の採用活動にも、転職エージェント側の人材紹介活動にも、色々背景があります。
その辺を理解しておくのとしないのとでは、転職活動の成功率が全然違ってきます。
よく読んで、あなたの転職活動の参考にしてください。

採用企業側の事情
企業にしてみれば、求める水準の人材を手っ取り早く確保したい。
転職エージェントを使用せずに採用活動する場合、まず求人広告を出し、自由に応募してもらうことになりますが、「求める水準」の人かどうかなんて書類では全く分からない。
書類選考の後、20〜30分程度の面接をしても、性格面や実際の実力を判断するのは、はっきり言ってムリ。
結構な手間暇かけて面接をやっても、空振りに終わったり、良いと思って採用しても全然使えなかった、なんてこともあるということです(ダンナのコメント)。

一旦採用してしまうと、後から使えない人と分かっても解雇はできない。人を採用するのは会社としてチャンスであり、リスクでもある(人事部長のお言葉)。

という訳で、
転職エージェントに欲しい人材の特長を示しておき、ある程度振るいにかけてもらうことで、

→「当たりの確率」を上げる

→企業側での面接等の負担軽減

→速やかに、欲しい人材確保

というのが企業にとって大きなメリットになります(ダンナのコメント)。

このような背景から、大手企業は転職エージェントに対し、一般には出さない「非公開求人」情報を託し、希望する人材集めをするのです。
なので、優良求人情報は転職エージェントに集まるのです。


経験者の転職

実力を持った経験者なら、優良企業への再就職でステップアップできることがよくあります。
エンジニア系等、専門性や実力を持っている人は特にチャンスとなります。
出身大学の偏差値がそれ程高くなく、それ程大きくない会社に就職しても、
しっかり実力をつけて大きな企業が欲しい人材になれれば再就職に有利。
転職する人にとっても企業側にとってもオイシイと思う(ダンナのコメント)。


上記の背景を知ると、
転職エージェントの担当者(キャリアコンサルタント)は、
「企業が求める人材を探している」
ということが分かりますね。
あなたの特長を引き出したい背景もここにあります。
こういうことを理解しておくのも大切です(元転職エージェントのキャリアコンサルタントのコメント)


転職エージェントの選び方

転職エージェントは複数利用する


転職エージェントは複数利用するべきです。
何故なら、あなたの担当するキャリアコンサルタントが、あなたと相性が悪いとうまくいかないから。

どうしても相性問題はあります。
また、複数の転職エージェントに登録して複数のキャリアコンサルタントとやりとりすると比較ができ、自分でも善し悪しが分かるようになってきます。
また、持っているノウハウも違いますので、色々吸収するつもりで転職エージェントを利用するのが絶対おすすめです(元転職エージェントのキャリアコンサルタントのコメント)


転職の進め方
転職の進め方

おススメの手順はこうです。
  1. まず5,6社登録
  2. キャリアコンサルタントと面談
  3. 色々アドバイスを受け吸収
  4. 徐々に絞り、最終的には2社程度に絞る

更にアドバイスをすると、転職エージェント別に専用のノートを作り、日付と共に教えてもらったこと、理解したことをメモ。
後で比較しながら読み返すと良い(元転職エージェントのキャリアコンサルタントのコメント)

沢山の転職エージェントに登録した後に、断るのが面倒と思うかもしれませんが、
基本放置・自然消滅で可です。

それでも連絡があった場合にどう言えばいいかって?
「現在の業務が忙しく一旦転職活動中断しているので、再開するときにはまた連絡します」位でいいんじゃないですか?
正直、コンサル側は他にも案件かかえているので、いつまでもしつこく食らいついてくることはありません(元転職エージェントのキャリアコンサルタントのコメント)


おすすめの転職エージェント

元転職エージェントのキャリアコンサルタントがおススメするのはこちらです。



リクルートエージェント
type転職エージェント
パソナキャリア



リクルートエージェントの特長

まずは、私が最もおすすめするリクルートエージェントの特長から。

  • 非公開求人数 約10万件以上
  • 30万人以上が転職成功
  • 年収アップ率66%!
  • 希望の転職条件にマッチする企業を紹介してもらえる
  • キャリアアドバイザーが優秀
  • 膨大なノウハウの蓄積で、書類添削・面接対策サポート力が圧倒的
  • 起業交渉力が極めて高い

リクルートエージェントの求人数は圧倒的に多いです。
これは、求人を出す企業側からリクルートエージェントを信頼しているから。

たくさんの求人の中で、非公開求人はだいたい8割位。
「非公開求人」とは、一般には公開されていない求人のこと。
ライバルが少ないし、比較的条件の良い求人となります。

なので、
転職成功者の人数も多いし、
転職で年収アップを実現した人も多いんですね。

求人数が圧倒的に多いから、希望の条件に合う求人が多く見つかるんですね。

キャリアアドバイザーには優秀な人が多くて、色々な点でアドバイスをしてもらえます。
そもそも、これまで膨大な転職活動サポート実績で、ノウハウが大量に蓄積されているので、
アドバイスの内容も適格。

各企業との信頼関係は深いので、リクルートエージェントは企業に対する交渉力もなかなかのもの。
給料や待遇等、ちゃんと交渉してくれます。

登録は無料なので
まずは気軽に登録して、どんな企業がどんな条件で求人を出しているのか見てみたら良いと思います。
登録は簡単で5〜10分程度でできます。

詳細は公式サイトで
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


その他のおすすめ転職エージェント

ここまでで、リクルートエージェントの良い点を紹介しましたが、
リクルートエージェントの担当者は忙しく、担当者によっては転職希望者を抱えすぎて素早いレスポンスができない人もいるようです。

保険で、他のおすすめ転職エージェントも以下に紹介しておきます。


type転職エージェント
  • 20〜30代の転職に強い。
  • 特に強い業界:IT・WEB
  • 15年の豊富な実績。
  • 数より質・情報の密度、丁寧なサポートによる納得感のある転職成功の実現
  • 71%が年収UPに成功



JACリクルートメント
  • 30〜40代のキャリアアップ狙い
  • 高年収系の求人に特化
  • 外資系企業・金融系企業・海外勤務系の求人に強い
  • 非公開求人が60%
JAC